スイスの日々
by alltag
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
日々

おでかけ
おしらせ
黒プー
gedanke
わたし
以前の記事
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
more...
ハイジではないスイスをお届けしています。ご意見や感想、歓迎です。

リンクフリーですが、連絡いただけたらうれしいです。

このページの文章、写真等の一部や全てを転載することはしないでください。

Copyright, 2007-2009
alltag Allright reserved

excite以外のリンク
-----------------------------------
ベルギーの窓より

そろそろおやつにしませんか?

お気に入りブログ
北へ行く猫
= WE'RE HERE...
ひびこれ・Hibikor...
ヒトは猫のペットである
薬膳のチカラ
写真家の犬 ーle ch...
Azumi'sDiary
yururito
nonchalant l...
vege dining ...
もぐもぐ・すやり
ゆる~い日々
Kitsch and G...
のんびりtime♪
記憶のかけら*
+deja+
たのしいことさがし
最新のトラックバック
今年は・・・
from nonchalant lif..
アルザス・ワイン街道
from yururito
写真で遊ぶべしべし!
from Relax Time Cafe♪
お年玉?!ー写真で遊びま..
from +deja+
全員必読/写真で遊ぼう!
from Niseko bowgrap..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
J.S Bach Goldbergvariationen BWV 988

さっそくですが。。。

c0138861_19554193.jpg

Parisの一角に本店を構えるMariage Frères という日本でもおなじみの紅茶と、これまた日本でも有名になったエピスリーDa rosaのレーズンのチョコレートがけをつまみながら聴いているのがこのCD。

グレン グールドは1時間近い30の変奏曲からなるこの大曲を生涯で2度録音している。
薄暗い部屋で誰かがひっそりと祈りを捧げているようなアリアで始まり、30の変奏を経て最初のアリアがまた戻ってくる。最初と全く同じなのだけれど、深さを増して戻ってくる最後のアリアには涙すら出てくる。

特にグールドの2度目の録音は彼の早すぎる死の直前の録音されたもので、彼のこの世へのお別れのようなメッセージが込められているような気がしていつの間にか紅茶を飲むことすら忘れてしまう。



紅茶といえば、昨日Darjeeling Limited という映画を観て来た。

c0138861_19422376.jpg

インドの見たこともないような雄大な自然の中を走る1本の線路。その線路をひた走る電車に乗っている3人兄弟。それぞれの過去の清算、自分探しをするためにただひた走る。途中下車で色々な事柄に触れながら、果たしてこの3兄弟は自分を見つけ出し未来への手がかりを掴めるか。

とっても素敵な映画でした。日本でもアートハウス系の映画館で上映されているんじゃないかしら。

[PR]
by alltag | 2008-01-14 19:48 |
<< 春の足音 音と向き合う >>